どんな癌になるかわからないからこそ

皆さんはこれから癌にかかると思いますか? そしてその癌はどんな癌だと思いますか? こんなことをきかれても、きっと答えられないでしょう。 そうです、私たちは自分がこれからどんな病気にかかるのか予測することができません。 だからこそ、どんながん保険に加入しておくべきなのか、自信をもって答えることができないのでしょう。 そのため、がん保険に加入する際にはあらゆる可能性を予測した上で、必要なものと保険料のバランスを考え加入する必要があります。 ぜひ見直してみて、自分があらゆる癌にかかった場合でも、安心して問題なく治療に専念できるのかどうか、考えてみてください。 がんにも上皮内がんというものがあるのをご存知ですか? このがんは転移の可能性がないタイプです。 上皮内部分でとどまっているため、この部分を治療してとってしまえば治癒するのですが、絶対に治療が必要というわけでもなく、場合によってはそのまま消えていくため手術をする必要もない場合もあります。 ですがこの上皮内がんにかかったからといって、絶対に治療が必要ない、とも言いきれません。 手術をした方が安心な場合もありますが、実は保険会社によっては上皮内がんだと保障がとても低くなってしまうこともあるのです。 皆さんの加入している、気になっている保険会社はどうなっていますか? 見直してぜひチェックしてみてください。 そしてもし上皮内がんだと診断された場合の保障が低ければ、高くできる保険を選んでみましょう。